コンテンツを早くインデックスさせる「URL検査」のメリットと使い方!

Googleサーチコンソール

Search Consoleにある「URL検査」は、アップしたコンテンツ記事を早くインデックスさせるための必須ツールです。

その使い方を解説しますね。

 

URL検査のメリットと使い方

ざっくり言うとURL検査のメリットは

・ 新規記事が早くインデックスされる
・ コピーコンテンツの判断材料になる

というメリットがあります。
 
昔は「Fetch as Google」というツールでしたが、新Search Consoleでその代わりになるのが「URL検査ツール」です。

 
URL検査ツールの使い方を説明しますね。
このサイト、ass-works.com の場合でやってみましょう。
 
まず、Search Consoleにログインして、対象サイトをass-works.com にします。
左の欄から「URL検査ツール」をクリック。
最上部の検索窓に
「https://ass-works.com/」内のすべてのURLを検査 
と表示されているはずです。

URL検査ツール 使い方
この検索窓に新規記事のURLを入れます。
 
ちなみに過去記事のURLを入れると、
そのURLの記事が正常の場合は、このように表示されます。

URL検査ツール 使い方
 
アップしたばかりの新規記事は、おそらくこうなります。

URL検査ツール 使い方
そこで、赤枠のところの「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。
するとこういう画面に・・・
少々時間がかかります・・・
URL検査ツール 使い方
 
その後、このような表示になったらOKです。
URL検査ツール 使い方

 

URL検査ツールの補足

URL検査ツールの補足
もともとURL検査ツールはインデックスを早めるためのツールではありません。
そのURLが正常かどうかを確認するためのツールです。

何か異常がある場合は、ここでエラーの詳細が表示されるわけです。

詳細は公式ページのヘルプをご覧ください。
URL 検査ツール ヘルプページ

個人的には「モバイルユーザビリティ」も確認できるのでいいと思っています。

 
Googleでは公式に、
インデックスを100%保証するものではない。と言っています。
でも

やるのとやらないのとでは明らかに効果が違いますので必ずやるようにしましょう。

 

URL検査はコピーコンテンツの判断にも使える

URL検査はコピーコンテンツの判断にも使える
実はURL検査はコピーコンテンツの判断の証拠にもなります。

残念ながらあなたの書いたコンテンツを丸コピーして、アップしてしまう悪い輩もいます。

でもこれ、Googleにはバレちゃうんですね。
罰則としてペナルティを課せられます。

具体的にはインデックス削除、そのページやサイトを検索結果の圏外に飛ばしてしまうなどがあります。

ここで問題になるのが、ふたつのコンテンツ、どちらがオリジナルで、どちらがコピーしたかです。

こちらがオリジナルであるにも関わらず、コピーコンテンツとしてペナルティを受けてしまったら、たまったもんじゃありません。

ここで証拠となるのが、どちらが先にコンテンツをアップしたか?
になります。

この証拠となるのが「URL検査」なのです。

「URL検査」をやると、しっかりコンテンツをアップした日時がGoogleに記録されます。

これでこちらの正当性を証明できるのです。

忘れずにやっておきましょう。