Search Consoleの「カバレッジ」であなたのサイトの低品質な記事を見つける方法!

Googleサーチコンソール

Googleはすべてのページをインデックスしていません。
「低品質なコンテンツ」と判断されたページは検索結果に表示されないのです。

今回はあなたのサイトの低品質なコンテンツ(インデックスされないページ)の見つけ方をお話しします。

 

Search Consoleで除外されているページを把握する

最近、Googleのインデックスが消えるという大規模な不具合が起きました。

それで思ったのですが、
こちらで把握できていないけど、実はインデックスされていないページがあるのではないかと・・・

早速、検証する方法をお話ししますので、ぜひ確認してみてください。
 
Search Consoleにログインします。
調べたいサイトを選択して「カバレッジ」をクリックします。
下記のような表示になりますので「除外」をクリックしましょう。

Search Consoleで除外されているページを把握する
 
するとこのような表示がでます。
Search Consoleで除外されているページを把握する
このうち「エラー」は、最優先でチェックしなくてはいけない項目ですが、今回は省きます。

今回の対象になるのは「除外」の項目です。
「除外」されているページは何らかの理由でGoogleからはじかれています。
インデックスしないのが適切と判断されたページです。
 
この中でも特に「低品質なコンテンツ」と判断された可能性が高いのが
「クロール済み-インデックス未登録」の項目に当たるページです。
 

低品質なページの見つけ方

この「クロール済み-インデックス未登録」をクリックします。
すると該当するページの一覧が表示されます。
低品質なページの見つけ方
このうち、青ラインのような
Category、feedのようなページは
インデックスされなくていいので問題ないのですが、赤枠で囲ったような完全なるコンテンツページは危険です。

クロールされたにもかかわらず、インデックスされていないページ・・・

つまり、インデックスする必要が無いと判断された低品質なコンテンツになっている可能性が高いのです。

 
該当URLをクリックすると「URL検査」ができます。
このような表示がでればOKです。
低品質なページの見つけ方
 
もしこのような表示になってしまった場合は
「インデックス登録のリクエスト」をしましょう。

低品質なページの見つけ方
何かの不具合でインデックスされていない状態なら、
これでインデックスされるはずです。

もし、しばらくたってもインデックスされないようなら、低品質のコンテンツと判断されていると考えて間違いないでしょう。
リライトするか、削除するかになります。
 

カバレッジのステータスの見方

カバレッジのステータスは4つあります。

エラー
ページはインデックスに登録されていません。
詳細とエラーの修正方法については、各エラータイプの説明をご覧ください。
最初にこうした問題に集中する必要があります。
警告
ページはインデックスに登録されているか、最近まで登録されていましたが、注意すべき問題があります。
除外
ページはインデックスに登録されていませんが、エラーではありません。
こうしたページはインデックス登録処理の途中段階にある可能性があります。
また、ページが(noindex ディレクティブなどを使用して)意図的に除外されていて、正しい動作であることもあります。
有効
ページはインデックスに登録されました。

くわしくは公式サイトを参照してください。
https://support.google.com/webmasters/answer/7440203#crawled
 
一番避けたいのは、
知らないうちに低品質のコンテンツをサイト内に抱えてしまうことです。

そもそもインデックスされていない(検索結果に出ない)のですから意味がありませんよね。

定期的にチェックしましょう。