成約率がグンと上がる!売れる記事の穴埋め構成テンプレート!

ライティング

今回はセールスレターではなく、
ブログ記事で売るための記事の流れ、構成をお伝えします。

実は、いろいろな方法があるのですが、今回は実際に僕が使っていて実績をあげている書き方を紹介します。

僕は自分で試したものしか紹介しませんので・・・

 

ブログ記事で売る「アイドカの法則」

僕のセールスページの基本は「アイドカの法則」というものを使っています。

人によって、また時代によっては
「アイドマの法則」とか呼ばれたりもしていますね。
ぶっちゃっけ、呼び方なんてどっちでもいいです。
大事なのは売る仕組みですからね。

 
この流れ(構成)で記事に仕込んでいくと、
何も考えないで書いた記事よりも、
圧倒的にコンバージョン(成約率)が上がります。

ぜひ取り入れてみてください。
購買に繋がる流れはこうです。

ブログ記事で売る「アイドカの法則」

 

それぞれの組み立てのポイント

それぞれの組み立てのポイント

それぞれの箇所で何をどう書いたらいいのかお話します。

・注目
いわゆるヘッド、キャチコピーです。
ここでこの先を読んでもらえるかが決まるので、かなりの重要な項目です。
ブログで言えばアクセスを集めるタイトル部分になります。

 
・関心
ここでさらに強く関心を持ってもらいます。
ユーザーを惹きつける内容が必要になります

 
・欲望
商品の価値に共感してもらう所なのですが、ここは商品のリサーチをしっかりとしていないと書けません。
どんなところがユーザーに響くのか?を考えて書きます。

 
・確信
論理的な根拠を提示する。
例えば、
厚生労働省が~
お客様の声を入れる
〇%の人が~

要は安心させるわけです。

 
・行動
しっかりと買ってほしい。と伝える。
ただし、限定性をもたせること。
今なら〇〇です。
このタイミングがあなたに一番いいですよ。的なことです。
最後の一押しですね。

ここを怖がってしまう人がいるのですが、売る事を怖がらずに、ユーザーにどうしてほしいのかをしっかり伝えます。

 
この流れを作ったら、今度は記事で当てはめていきます。
テンプレート化できますので、ここまでくれば楽です。

 

見出し単位で考えて記事を書く

あとは、先ほどのパーツを、見出し単位で書いていくだけです。

見出し単位で考えて記事を書く

「注意」の所の見出しを考え、
「関心」の所の見出しを考え、
「欲望」の所の見出しを考え・・・

あとはこの間に、その文章を入れて、
下に読ませていく文章を意識して書いてください。

 

大事なのは購入者の気持ち

大事なのは購入者の気持ち

あなたがモノを買う時の事を考えましょう。

これはウソじゃないのか。
値段的に割高じゃないのか。
他にもっといい商品があるんじゃないか。
本当に効果・価値がある商品なのか。
色々考えますよね?

それをセールスページでひとつづつ解消してあげるイメージです。
いわば、NOという断りの要素をひとつづつ消してあげるのです。

ですから、あらかじめ、購入に至らない原因となる事をリサーチして、それを解決してあげることが大事です。

一番は自分が購入者だったらどういう段階(心境)をたどるか・・・ですよ。

 
まずは自分の所有する一番アクセスのあるブログで試す事をおすすめします。

いきなり特化ブログじゃなくても大丈夫です。

実は今は、トレンドブログ、特化ブログと分ける時代ではなくなってきています。

自分の一番アクセスを集められる媒体に、アドセンスだけではなく、いろいろなキャッシュポイントを入れて収益を得るのが得策です。

まずは、場数をふむようにガンガンとセールスページ、記事を書いてみて下さい。

ダメだったら・・・削除するだけの事です。