スマホ検索者を捕まえる秘技!悩んだり困ったらキーワードをあぶり出すこの方法を!

アクセスアップ

現代はほとんどがスマホユーザーです。
アクセスを増やすには、スマホユーザーを捕まえる事が必須です。

このスマホ検索者を捕まえるには、ちょっとしたやり方があります。
これを使うのと使わないのとでは、かなり差がでますよ・・・

 

PCの検索から離れてみましょう

PCの検索から離れてみましょう
我々はほぼPCから画面をみています。
ネタ探し、キーワード選定・・・
すべてPCからやって、ブログを書いているはずです。

でも、これだとスマホ検索者の行動パターンがわかりずらいです。
必ず、スマホで検索して見て下さい。
 
PCで検索する際に使う「関連キーワード」、サジェスト・虫眼鏡と呼ぶ方もいますね。
あれ、スマホだとPCと違う場合があります。
当然、スマホの方を選ぶべきです。
 
また、
キーワードが思い浮かばない。
いいキーワードが無い。
もうひとつキーワードがほしい。
なんて時には、以下の方法を試してみましょう。
 

スマホの関連キーワード

メインキーワードを打ち込んで、スペースを入れると
自動的にキーワードが表示されます。
そこから選ぶのも手です。

グーグルの場合
スマホの関連キーワード
 
ヤフーの場合
スマホの関連キーワード
スマホ検索者は、めんどくさがりですから、
この表示された関連キーワードを、そのままクリックしてしまう人が多いです。
 

スマホ検索者を捕まえる秘技

さらに上級のやり方をお伝えしますね。
先ほどは
メインキーワードを打ち込んでから、スペースを入れて自動表示されるキーワードをチェックする方法でした。
次は、これだけでなく、もっとキーワードをあぶり出す方法です。
 
カナ入力の人

メインキーワード打ち込んでから、スペースをいれて
あ、い、う、え、お・・・
と打ち込んでみます。

すると先ほどのような関連キーワードが表示されます。

スマホ検索者を捕まえる秘技
ローマ字入力の人も同じです。

メインキーワード打ち込んでから、スペースをいれて
a、b、c、d、e・・・
と打ち込んでみます。

スマホ検索者を捕まえる秘技
これも、ヤフー、グーグルともにやり方は同じです。

めんどくさそうですが、これをひとつづつやっていくと思わぬお宝キーワードが発見できることがあります!
 
この方法は
検索者がメインキーワードを入れて、複合キーワードを入力する際に、(たとえば、「あ」と打ち込んだ時に)自動で表示されたキーワードを見て、そっちをクリックしてしまう。
そういう検索者の流れを狙っています。

本当、スマホ検索者は、めんどくさがりなのです。