ブログのメンテナンスで劇的にドメインの評価を上げて上位表示させる方法!

アクセスアップ

ブログを書いていると記事がたまってきますよね。
いつもアクセスを集めてくれる優秀な記事もあれば、ほぼアクセスゼロの記事もあるかと思います。

しかし、メンテナンス次第では劇的に蘇る記事や、ブログの上位表示にもつながります。

今回はこのブログのメンテナンス方法をお伝えします。

 

3ヶ月経った記事のメンテをしよう

ブログのメンテナンス

ブロガーとしてはせっかく苦労して書いた記事ですから、愛着があるのはもちろんわかります。
しかし、それが
ブログ(ドメイン)に対してマイナスになるとしたら、話は別です。

無い方がいい記事。
グーグルの評価的にマイナスの記事。
これらはブログ内にストックしておくメリットはありません。
早急に対処する必要があります。

目安は記事をアップしてから3ヶ月経過している記事です。
それらの記事をメンテナンスの対象にしていきましょう。

メンテナンスの方法は、大きくわけて、
・ ダメ記事の削除
・ 人気記事の充実 

という流れになります。
 

削除記事の基準と判断

削除記事の基準と判断

まず、削除する記事の基準ですが、

・ ほぼアクセスの無い記事
・ 狙ったキーワードでいまだに上位表示できていない記事

このふたつに引っ掛かる記事は問答無用で削除です。

私のグーグル担当者も
「無い方が良いです」と断言していますので、ためらわずに削除しましょう。
 
アクセスはないものの、
狙ったキーワードで上位にいる場合は、残しておいてください。
上位にいる限り、何らかの要因でアクセスを集める可能性がまだありますので。
 
ポイントは私感を挟まない事。
ビジネスでは数字を信頼信用します。
アクセスの無いものは、求められていないモノだと判断してください。
 
よく、「どれくらいのアクセスのモノを削除すればいいですか?」
という質問を受けますが、ブログのアクセスレベルがみなさん様々なので一概には言えません。

ただ1日2、3のアクセスで月間30~60アクセスならいらないと判断した方がいいでしょう。
 
ちなみに私の場合は、アクセスのワーストから削っています。

あるブログは、550記事あった頃の総月間アクセス数よりも、280記事ほどに減らした総月間アクセス数の方が圧倒的に多いです。

優良記事ばかりになった事も要因なのですが、マイナス記事を削ったことによってドメインの評価が上がり、各記事が上位表示されるようになってきたことが大きいと思います。

みなさんも自分のブログ記事が、いつのまにか上位にあがっていた経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
ブログ(ドメイン)が成長してきた証ですね。
 

削除記事の使い道

アクセスがなく、上位表示も出来ず削除した記事は、そのまま削除ではなく、非表示にしてもOKです。
これでもネット上には存在しない事になります。

これらの記事は再利用することも可能です。

・ タイトル(キーワード)を変えて編集して再度アップ。
・ 記事同士を合作させて、新たな記事としてアップ。
・ 新規に記事を書く時の参考資料として保存しておく。
・ 単体の記事としてではなく、人気記事のリンク記事としてアップ。

注意としてワードプレス上のゴミ箱に記事を移動させると、一定期間で完全に消えてしまいますので、再利用するつもりの場合は、ゴミ箱には入れないようにしましょう。

 

人気記事を充実させる

人気記事を充実させる

次に、あなたのブログで、アクセスを集めてくれる人気記事を充実させます。

ブログの中にアクセスを集めてくれる優秀な記事があると思います。
そういう記事は大事にしなきゃいけません。

仮に3ヶ月前にアップした記事なら、その頃と今ではまた状況(情報)が変わってきている場合が多いです。

そんな新しい情報を追加していく事で、検索順位をさらに盤石にすることが出来ます。

 
私の場合、ある記事の文字数がアップした当初は1500文字ぐらいだったものが、人気記事となり情報を追加しているうちに3000文字を超えてきているという記事もザラにあります。
こういった記事は今でもしっかりと上位をキープしています。

そしてその人気記事を入口にして、
他の記事へアクセスを回す役目も持たせましょう。
リンクを貼ることですね。
 
それから、その人気記事のキャッシュポイントを増やしてください。
アドセンスだけではなく、
楽天アフィリが貼れないか?
ASPが使えないか? などを考えてみて下さい。

ただし、広告だらけ、内部リンクだらけもマズイですので、そのあたりの加減は必要です。

とは言え、3000文字以上になってくると多少の広告やリンクも違和感がなくなります。
1500文字ぐらいに中にベタベタ貼るのはマイナスですが・・・
 

そこそこ記事のメンテナンス

人気記事ほどでもないけど、けっこうアクセスが安定しているような記事は、キーワードを加えてあげるのも有効です。

タイトルを変えるのはダメですが、

記事冒頭、見出し、画像部分に新たなキーワードを加えます。

記事をアップした頃には、気が付かなかったキーワード、その頃には無かったキーワードを加えます。

キーワードはアナリティクスやjetpackも参考にして下さい。
 
この、そこそこ記事が上位に上る事で、ブログが成長します。
ネクスト人気記事の候補ですから大事にしましょう。
 

新規記事が書けない時はメンテ!

新規記事が書けない時はブログのメンテ

誰にでもどうしても記事が書けない時ってあります。
そんな時は新規記事をアップをキッパリあきらめて、既存記事のメンテナンスをしましょう。

このメンテは地味に効きます。

ぶっちゃけ、内用の薄い新規記事をアップするくらいなら、メンテナンスした方がいいです。
 
過去記事って今見ると恥ずかしいくらいのがありますよね。
そんなヤツも修正してあげましょう。

ブログを修正して「更新」させるのも、
新規記事をアップさせるのと同じ「グーグルへのアピール」になります。

要するに、
このブログ死んでませんよ。しっかり更新してやってますよ。
というアピールです。

更新の際に再度、URL検査を使いましょう。

ブログの評価を上げるには、
優秀な記事を量産してプラス評価を増やす。よりも
既存のマイナス評価の記事を消す。方が楽です。

大量の記事を持っているブログが評価が高い。
と言われていた時代はもう終わっています。
今はどれだけ質の良い記事を持っているか。です。

もちろん最高なのは、
質の良い記事を大量に持つことです。

そのはじめとしてダメダメ記事の削除から始めましょう。