簡単なライバルチェックツール!まずはココを見よう!

サイト構築

よくライバルチェックという言葉を使いますが・・・
ライバルチェックってどうやるのでしょう。

同じキーワードで検索した時の件数も重要ですが、もう少し深く見ていくと、ライバルチェックの精度も上がります。

ただ、そこにたくさんの時間もかける必要もないので、最低限、ココを見て行けば大丈夫!というラインをお話しますね。


 

ライバルの強さって?

ライバルの強さ
一番簡単な判断は、
同じキーワードで検索した時の検索件数です。

例えば「クワガタ 飼い方」
これで検索すると、約 4,440,000 件あります。
この「クワガタ 飼い方」で上位表示させるには、
約 4,440,000 件のライバルを押しのけなきゃいけません。

 
次に「テントウムシ 飼い方」
これで検索すると、約 235,000 件あります。
この「クワガタ 飼い方」で上位表示させるには、
約 235,000 件のライバルを押しのけなきゃいけません。

どっちが簡単か?イメージ付きますよね。
 
ただし、
検索件数が少なくても、
強いサイトがたくさんあれば、やはり上位表示は困難になります。

では、この「強いサイト」はどこで判断すればいいのでしょうか?

 

ドメインパワーの違い

ドメインパワー
ここで登場するのが「ドメインパワー」です。

同じキーワードで勝負する時、
開設して一ヶ月ほどのサイトと開設して2年のサイトではおそらく2年のサイトが勝ちます。

記事数10のサイトと記事数100のサイトでは、おそらく記事数100のサイトが勝ちます(記事の質が同等だった場合)

これらはよく、
よく「ドメインパワーが強いから」と表現します。

このドメインパワーの明確な数値判断はできませんが、おおよその見当は付けることができます。

 
実は、いろいろなチェックツールがあるのですが、
ここでは無料の「SEOチェキ!」というサイトを紹介します。

 

SEOチェキ!でチェックすべき箇所

このSEOチェキ!では、いろいろとサイト検証ができるのですが、とりあえずは、ご紹介する5点のチェックで事足ります。

SEOチェキ!でチェックすべき箇所
まず、調べたいライバルサイトのURLを
①に打ち込んで、チェックボタンをクリック。
② にそのサイトの概要が表示されます。
 そのサイトで狙っているキーワード、ディスクリプションが見れます。
③ にインデックス数が表示されます。
 そのサイトのページ数と考えてよいです。
 この数字が多いほど強いです。
④ にそのサイトのドメイン取得日が表示されます。
 古いドメインほど運営歴が長く強いです。
⑤ で、ページごとのキーワードが調べられます。
 サイト全体ではなく、任意のページURLを入れて調べます。
 キーワードの網羅性がわかります。
 具体的には、このような表示になります。

SEOチェキ!ページごとのキーワード
 
ざっくりと、
インデックス数が多く、ドメイン歴が古く、狙ったキーワード多いほど
ドメインパワーが強いと考えて下さい。

ただし、インデックス数が多くても、ゴミ記事ばかりのサイトならこちらのインデックス数が少なくても勝てます。

あまり神経質に考えず、目安として使ってください。