本を出版してAmazonで1位になる方法!仕組みとやり方を教えます!

本を出版してAmazonで1位になる方法!仕組みとやり方を教えます!ブランディング

本を出版したい人って、多いのではないでしょうか?

出版のメリットは、断然ブランディングです。
ビジネスやっている方だったら、ほぼ100%そうでしょうね。

今回は、本を出版してAmazonで1位になる方法の仕組みとやり方を教えます。

 

出版のブランディング効果

出版のメリット

出版のメリットは、断然ブランディングです。

自分のまわりの競合がそれほどでもなければ、
「本を出している」というだけで、強力な差別化、ブランディングになります。
たとえ、その本が1冊しか売れていなくてもです^^;

「本を出版している = すごい専門家」です。

 
でも、競合がそこそこ強いと、
出版しただけでは、それほど断然のブランディングになりません。
その中でもさらに抜きでないとダメなのです。

そこで狙うのが、
「Amazon売上1位!」
「紀伊国屋書店ナンバー1!」とかです。

こうなるには、かなり難しそうですよね?
でも実はそうでもないんです・・・

 

Amazonランキングの仕組み

Amazonランキングの仕組み

ここからは、実際にアマゾンランキング1位を取った事がある人から聞いたお話になります。

アマゾンのランキングは、
24時間単位で、売れた本の冊数で決まります。

たとえ一瞬でも、1位は1位として堂々とエバれるのです。
「アマゾンランキング1位獲得しました!」ってね。

 
ただ、たとえ一瞬だけでも
「総合で1位」になるのは、かなり難しいそうです。

そこで狙うのが「部門1位」です。

例えば、
会計部門とか、金融ファイナンス部門とか経営戦略部門とか・・・

これになるとかなりハードルが下がります。

逆に言うと、よっぽどの有名人、ベストセラー作家じゃない限り、アマゾンランキング1位とうたっている人の多くは、この部門1位のことです。

 

Amazonランキング1位になる方法!

Amazonランキング1位になる方法!

もうわかりましたね。
この狭い分野での1位を目指します。

目安として基準値を教えましょう。

その時のライバル本がどれくらいいるかも関係してきますが、
24時間で210冊ぐらい売れば、部門ランキング1位になれます!

これは前述した方の、実際に1位になった時の数字だそうです。

一日で210冊なら何とかなりそうな気がしませんか?
人脈フル活用で・・・^^;

ここでのポイントは一日です。
この日と決めたら、この日に集中して買ってもらいます。

バラバラと明日とか明後日じゃダメなんですよ。

 

人脈フルで、だいたい200人ぐらいに協力してもらって、
24時間中に集中して買ってもらう。

これがAmazonランキング1位獲得必勝法です!

 
例えば「暮らし・健康・子育て」のカテゴリーから、
住まいインテリア < 田舎暮らし の部門に出版して、
明日買ってね。と200人のお願いすれば・・・1位になれる可能性があるワケです。

そうすると私は、
「Amazonランキング1位の本を出してる凄い人」
としてエバれるワケですね^^

 

キャンペーンも効果的

キャンペーンも効果的

瞬間的に販売数を増やすにはキャンペーンをやるのが効果的です。

「本出版するから、この日にアマゾンで買ってくれたら、
オマケをこんなにたくさんあげますよ」 なんて聞いたことあるでしょ。

そういうの、みんな1位取る為です。
要するに、そこまでしてでも1位の称号が獲りたいのですよ。
たとえその時は赤字でも、メリットの方が大きいから・・・

中には物凄い豪華なプレゼント、特典を付けてくる人もいますね。
本よりも、コッチのほうが凄いんじゃない?なんてのも多々あります。

当然、その特典欲しさに本を買っちゃう人もいるわけです。

それだけブランディングの為には「Amazon1位!」は、喉から喉から手が出るほど欲しい要素なんです。

 
私はすべてとは言いませんが、
こういったやり方をする書籍に関しては、もはや
「いい本だから売れている」という概念が通用しなくなっていると思います。

これってちょっと危険ですよね。

〇〇部門1位!
という肩書に惹かれて買ってみたものの、読んでみたら・・・・あれ?
というケースが今後増えてくるでしょう。

いい本だから売れているのではなくて、
マーケティングが上手いから売れている。
のです。

売れている事には間違いないんですけどね・・・